中国語

ガチで学べる中国語講座【第2課】

中国語発音

母音

中国語の母音は36個あり、基本の母音である単母音、他に複母音、鼻母音があります。

一つ一つ正確に覚えていくことが大事です。

a 日本語のアより口を大きく開けて「アー」
o 日本語のオより唇を丸く突き出して「オー」
e 日本語のエの口の形で喉の奥から「オー」
i 日本語のイより口を左右に引いて「イー」
u 日本語のウより唇を丸く突き出し口の奥から「ウー」
ü 日本語のユを言う口の形でイの音を出す「ユィ」
er 単母音eの音を発音しながら下の先を上にそらせる

複合母音

複合母音は、単母音が2つ以上組み合わされてできた母音で、2つ組み合わされた二重母音と 3つ組み合わされた三重母音があります。

◆二重母音◆
始めの母音ははっきり発音、後の母音は弱く発音

aiアィ eiエィ aoアォ ouオゥ

始めの母音は弱く発音、後の母音ははっきり発音

iaィア ieィエ uaゥア uoゥオ üeュエ

◆三重母音◆
真ん中の音ははっきり、後は弱く発音

iaoィアォ iuィオゥ uaiゥアィ

鼻母音

最後にnがつく複合母音とngがつく複合母音があります。
両方とも日本語の「ン」と聞こえますがしっかり区別しなければなりません。

◆n型◆
母音を発音した後、舌先を上の歯の裏に当て押しつけるように発音する。
日本語の案内(アンナイ)の「n」の要領です。

an
アン
en
エン
in
イン
ian
イエン
uan
ワン
un
ウエン

◆ng型◆
母音を発音した後、口を開けたまま舌先はどこにもつけないで鼻から 息を抜くように発音する。 日本語の案外(アンガイ)の「ng」の要領です。

ang
アン
eng
ヲン
ing
イン
iang
ィアン
uang
ゥアン
iong
ィオン

中国語発音 子音

中国語の子音は全部で21あり、 唇の使い方や舌の位置などの違いによって、 唇音(しんおん)、舌尖音(ぜっせんおん)、舌根音(ぜっこんおん)、 舌面音(ぜつめんおん)、反舌音(そりしたおん)、舌歯音(ぜっしおん)の6種類に分類されています。

また、子音は無気音と有気音とそれ以外の音といったような区別があります。

無気音・・・息を抑え気味で出す。
有気音・・・息を強く吐き出すように出す

無気音 有気音 その他
唇音 b (o) p (o) m (o) f (o)
舌尖音 d (e) t (e) n (e) l (e)
舌根音 g (e) k (e) h (e)
舌面音 j (i) q (i) x (i)
反舌音 zh (i) ch (i) sh (i) r (i)
舌歯音 z (i) c (i) s (i)

子音は単独では発音できないため、( )の母音をつけて発音練習します。

■唇音:上下の唇を使って発音■舌尖音:舌先を上の歯茎につけて発音

b (o)「ボ-」 唇を閉じた状態から勢いよく口を開いて、息を抑え気味で出す。
p (o)「ポ-」 唇を閉じた状態から勢いよく口を開いて、パッと強く息を吐き出す。
m (o)「モ-」 唇を閉じた状態から、鼻にかけてゆっくり息をはく。
f(o)「フォ-」 前歯で下唇を軽く噛むようにして出す。

■舌尖音:舌先を上の歯茎につけて発音

d (e)「ダ-」 舌先を上の歯茎につけてから発音するときは離す。
t (e)「タ-」 舌先を上の歯茎につけて、パッと強く息を吐き出す。
n (e)「ナ-」 舌先を上の歯茎につけて、鼻から息を出す。
l (e)「ラ-」 舌先を上の歯茎につけて、息が下の両側から出るようにする。

■舌根音:のどを使って発音

g (e)「ゴ-」 唇を左右に引きのどの奥から息を抑え気味で出す。
k (e)「コ-」 唇を左右に引きのどの奥からパッと息を強く出す。
h (e)「ホ-」 「ハ-」と息をはく感じでのどの奥から出す。

■舌面音:舌先を下の歯茎につけたまま発音

j (i)「ジ-」 唇を左右に引き舌先を下の歯茎につけたまま息を抑えて出す。
q (i)「チ-」 唇を左右に引き舌先を下の歯茎につけたまま息を強く出す。
x (i)「シ-」 唇を左右に引き日本語の「シ」の発音を出す。

■反舌音:舌を上に巻き上げて発音

zh(i)「ヂ-」 舌を上の歯茎に向かってそり上げたまま、息を抑えて出す。
ch(i)「チ-」 舌を上の歯茎に向かってそり上げたまま、息を強く出す。
sh(i)「シ-」 舌を上の歯茎に向かってそり上げたまま、「シ」と言う。
r (i)「リ-」 舌を上の歯茎に向かってそり上げたまま、「リ」と言う。

■舌歯音:舌先を前歯の裏側に押しつけて発音

z (i)「ズ-」 唇を左右に少し引き、舌先を前歯の裏側に押しつけて息を抑えて出す。
c (i)「ツ-」 唇を左右に少し引き、舌先を前歯の裏側に押しつけて息を強く出す。
s (i)「ス-」 唇を左右に少し引き、舌先を前歯の裏側に押しつけて「ス」出す。

中国語 ピンイン

日本語では漢字の発音を表すのにふりがなをつけるように 中国語ではアルファベットを使った発音記号(ピンイン)で表記します。

ピンインで表記する場合いくつか注意しなければならないルールがあります。

■「i」 「u」 「ü」の場合

書くときには発音は変わらないが次のように変わります。
◆単独の場合
i→yi  u→wu  ü→yu

◆頭文字に付く場合 i→y u→w ü→yu に変える
例) ia→ya ian→yan  iang→yang
uo→wo ua→wa  uang→wang
ü→yu üe→yue  ün→yun

※鼻母音の「in」「ing」は例外でyを付け加えるだけです。
in→ynではなくin→yin
ing→yngではなくing→ying

■「j」 「q」 「x」の後ろがüの場合

発音は変わらないがü→uと変わります。

例)jü→ju qü→qu xü→xu

■「子音+iou, uei, uen」の場合

「iou」, 「uei」, 「uen」の前に子音がつく場合は、真ん中の「o」と「e」が 弱くなるため消えます。

例))jiou→jiu shuei→ shui kuen→kun

中国語発音 変調

2つの音節がつづけて発音されるとき、声調の組み合わせによっては 前の声調を変えて発音することがあります。

■第3声+第3声第3声が連続する場合、前の第3声は第2声で発音します。 ただし、書く場合は声調符号は変わらず第3声+第3声のまま書き換えない。

你好 nǐ hǎo(ニーハオ)は声調は 第3声+第3声ですが発音するときは、前の声調を第2声に変えて第2声+第3声で発音します。

実際你好 nǐ hǎoは中国語を話せない人でも 知っているあいさつの言葉ですが、発音するときは第3声+第3声ではなく 第2声+第3声で発音するほうが自然で発音しやすいと思います。

■不(bù)+第4声不は本来の声調は第4声ですが後ろに第4声が来た場合第2声 に変えて発音します。 書く場合も第2声に書き換える。 (例)不是 bù shì → bú shì

■一(yī)+第1、2、3、4声、軽声 一(yī)は本来第1声ですが、後に続く音節が 第1声、第2声、第3声の場合→第4声  第4声と軽声の場合→第2声 に変わります。

(例)

一天(1日) yī tiān→yì tiān

一回(1回) yī huí→yì huí

一点(1時) yī diǎn→yì diǎn

一件(1件) yī jiàn→yí jiàn

一个(1個) yī ge→yí ge

ル化

儿化とは音節の末尾に「r」をつけることをいい、 発音の最後に舌をひょいとそりあげるだけです。

儿化することで動詞が名詞になり意味が変わることなど言語変化が生じることがあります。

例)huà 画(描く)→huàr 画儿(絵)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です